読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太ももセルライトを消す方法

セルライトがもっともつきやすい体の部位は、
太ももといわれます。



自分の太ももを後ろから見る機会はそれほどないため、
なかなか気づきにくいのですが、



実は太ももの後ろがセルライトで凸凹になっていることも。

 


特に、デスクワークなどで座りっぱなしが多い人は、
下半身の血行が悪くなり、セルライトができやすくなってしまいます。



エステでケアするほか、自分でも
マッサージをする習慣をつけましょう。



入浴後、血のめぐりが良くなった状態で
おこなうのがオススメです。



 

■自分でできる太ももケア


まずはお風呂でしっかり体を温めることから始めます。



セルライトは、冷えて固まった白いラードと考えると、

溶かすためには熱が重要であるのが分かります。



夏場もシャワーで済まさず、湯船につかることが大切です。

 


マッサージは入浴後のほか、湯船の中でおこなうのも効果的です。

 


1.太ももの裏側全体を、しっかりともみほぐします。

指の腹を使って、お肉を持ち上げるようにするのがポイントです。



少なくとも10分はおこないましょう。

 

2.だいぶ柔らかくなってきたら、
  内側のお肉を両手でつかみ、ひねる感じで引っ張り上げます。


  その後、ポッと力を抜いて手を離します。

  これを、股関節のほうからヒザのほうまで、下りて行くようにおこないます。

 


3.最後にリンパを流します。

  入浴後ならベビーオイルやパウダーをつけて、
  お風呂場ならボディソープをつけて、

  アキレス腱からヒザ裏、太ももの付け根までを
  しっかりと流してあげましょう。

 


この一連の流れを、左右どちらもおこないます。

入浴のたびに続けることによって、
太ももの凸凹が少なくなっていくはずです。


 

セルライト除去は、1日にしてならず。



脂肪よりも消えにくいため、ある程度の期間、
継続することが必要です。



できれば毎日おこなって、
スッキリとした後ろ姿を手に入れてくださいね。