読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の8割はセルライトがある?

セルライトとは、脂肪の塊のことです。

血行が悪くなると、皮膚の下にある
脂肪細胞の代謝が衰えてきます。

そうすると脂肪細胞が肥大化し、
脂肪同士や老廃物と絡み合ってセルライトとなります。

セルライトができると脂肪部分に厚みがでてきて、
肌がデコボコになります。


セルライトは症状が悪化すると肌の表面がオレンジの皮のように見えるため、
オレンジピールスキンと呼ばれることもあります。


ただし表面がデコボコになるのは、
かなりセルライトの症状が進行してからです。



実際は見た目にはわからない状態でもセルライト
生成されている場合が多いのが特徴です。


セルライトは老廃物の凝り固まっているため、
通常のダイエットなどでは取り除くのが困難なため、
セルライトの除去を目的とした対策が必要になります。


セルライトができるのは、女性に多く見られます。
女性の8割はセルライトがあるといわれています。


これは男性に比べ女性の方が脂肪分が多いためです。

セルライトは脂肪の多い箇所にできやすい特徴があり、
体の中でも皮下脂肪が多い太もも、ふくらはぎ、
お尻などのセルライトで悩む人が多いようです。


他にもお腹や二の腕などはセルライトのつきやすい場所です。
また、最近では顔にできるセルライトが話題になっています。


またセルライトは血行が悪くなると発生しやすくなるために、
女性の中でも運動不足になりがちな成年女性の場合
セルライトが多く見られる傾向があります。


セルライトは、エステや
専用ローラーなどのグッズで除去することができます。