読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅でできる!セルライトマッサージ

セルライトケアは、エステでおこなうのがもっとも確実ですが、

時間やお金がないという人は、ぜひ自宅で毎日おこないましょう。


継続することで、かならず変化を感じることができるはずです。

 


■太もものマッサージ


もっともセルライトがつきやすいとされるのが、太ももの裏側。



軽く皮膚の表面を指で持ち上げようとすると、痛みを感じる人は、

だいぶお肉が硬く、セルライトも多くなっている可能性があります。


 

まずは、硬くなったお肉を柔らかくするイメージで、
揉みほぐしましょう。



両手の指の腹を使い、脂肪を分離させるイメージで
つまみ上げながらおこないます。



10分くらい続けて、だいぶ柔らかくなったら、
お肉を両手でつかんでひねります。



こうすることで、セルライトを分解しやすくなるのです。

 

その後は、アキレス腱のほうから太ももにかけて、
リンパを流しましょう。


 

■おなかのマッサージ


おなかも、セルライトが気になる部分。


お肉が硬くなっている人は、少し力を入れて揉みほぐします。


体幹から脂肪を分離させるように、
引っ張りながらほぐしましょう。

 


その後、たっぷりとマッサージクリームをおなかに塗って、

おへそを中心に、時計まわりに両手でまわします。



5回ほどまわしたら、最後にまたお肉を少しずつつまみながらひねり、

ポッと力を抜いて手を離してください。

 

セルライト除去はもちろん、便秘解消にも効果的です。

 

 

セルライトを潰すマッサージは、
慣れないうちはかなり痛みを感じる人もいます。



脂肪やセルライトは、冷えれば冷えるほど硬くなり、
硬くなればなるほどとれにくいものです。



できれば入浴中や入浴後の、体の温まった状態でおこなうと、
柔らかくなるのが早くなります。

 


特におなかまわりのマッサージは、
食後は避けておこなうようにしましょう。



また体を痛めないよう、力を強く入れすぎないことも大切なポイントです